面白いと思うもの

「まんが親」と「おかあさんの扉」
どちらも育児生活を楽しく描いている漫画。ふつうの親は育児日記を文章で残すとしたら、こちらの親は漫画で…って感じ。そんな意図はないかもしれないけどね。
前出の漫画。吉田戦車さん、伊藤理佐さんが作者。お二人はご夫婦。∴描かれているお子さんは同一人物。
 私は元々、吉田戦車さんの「まんが親」を旦那が買っている雑誌で愛読していた。
どうやら、奥様も漫画家で子供のことを描いているらしい。そして、病院で出会えた、伊藤理佐さん!
こちらの雑誌は病院等で読むものになっている私。
 だから、最近は待合室で見かけると、漫画目当てに手に取る。
同じ子供のことをお父さん目線、お母さん目線で描いているわけでしょ。なんて言うか、お父さんともお母さんとも知り合いで、「最近うちの子さぁ〜」とそれぞれから聞いてる気分になる。
作者は、仕事でもあるわけだから、マメにネタをメモしているんだろうけど、こんなによく観察しているよね〜と思う。だって、実際に漫画になっている以上にネタがあって、その中でコレ!っていうものを選んでいたりするんだよね?
で、何が言いたいかと言うと、漫画家の凄さじゃなく、(当たり前か)親として、こんなに子供のこと覚えてない!ってこと!!
 あれ、タイトル「面白いもの」だったのに、キレた感じになっている。
面白いの!!楽しみにしてるの!!念のため…
[PR]

by sjh2005 | 2013-03-16 13:13 | キルト
line

パッチワークの本科にチャレンジ♪


by sjh2005
line